16日の紙面から

●干し餅の〝カーテン〟色鮮やかに
 寒さが本格化し、能代山本地方で干し餅作りが盛期を迎えている。干し餅を作る家庭は年々少なくなってきたが、この時期になると民家の軒下や作業場では色鮮やかな〝餅のカーテン〟を目にすることができる。

m12p05p1

干し餅作りが盛期。ずらりとつるされた干し餅はまるでカーテンのよう(能代市桧山で)

●市子ども・子育て支援計画案を作成
 能代市は「子ども・子育て支援事業計画」案をまとめ、15日に市役所で開かれた市子ども・子育て会議(石川智也会長)で説明した。子ども、子育て家庭の視点に立った施策の展開や地域による子育て支援を重視。未設定にしていた基本理念はこの日、各委員の意見を踏まえ「子どもの育ちと子育てをみんなで支え合うまち のしろ」と決定した。26日から来月25日までパブリックコメント(意見募集)を実施する。

●特産ネギの「早取り」へ越冬育苗
 能代市荷八田のJAあきた白神能代営農センターで、越冬させて夏に収穫する「早取りネギ」の育苗が行われている。端境期に出荷し高単価で販売する取り組みで3年目。定植直前の3月下旬に同市と藤里町の57戸に育苗箱6500枚を売り渡す予定。早取りネギは7〜8月が収穫期。越冬育苗は昨年10月中旬に種まきした。

z10p01早取りネギの育苗2

4月に定植する早取りネギの苗(能代市荷八田のハウスで)

●〝サブマリン〟山田氏迎え講演会
 能代市出身の元プロ野球選手・監督、山田久志氏(66)を講師に迎えた講演会が、2月3日午後3時30分から同市柳町のプラザ都で開かれる。能代商工会議所中小企業相談所、能代経済倶楽部、県経営者協会能代支部の主催。演題は「私の野球人生〜栄光に近道なし〜」。聴講無料。一般市民の聴講も歓迎している。申し込みは27日までに能代商議所(☎52・6341)へ。

●高校前期選抜、出願締め切る
 27年度県公立高校前期選抜の願書受け付けが15日に締め切られた。能代地区の全日制5校は、募集枠149人に対して129人が出願し、平均倍率は0・87倍で、3年ぶりに1倍を下回った。学科別では能代工機械科の1・36倍が最も高く、次いで同建設科の1・27倍だった。また、定時制の能代工普通科は0・18倍だった。28日に各校で学力検査や面接などを行う。合格発表は2月4日。

●受験生応援商戦、熱く展開
 17、18の両日に全国一斉に行われる大学入試センター試験や、28日に前期選抜試験を実施する県公立高校入試が迫り、能代山本の大型店やスーパーなどでは、本番に向けてラストスパートを掛けている受験生を後押ししようと「受験生応援商戦」を展開。店頭には合格祈願の言葉をちりばめた商品が並び、好調な売れ行きを見せている。

b14p02

験担ぎの商品が並ぶ受験生応援コーナー(能代市柳町の大型店で)

●天空の不夜城、10分の1灯籠を製作
 能代市が大型七夕イベント「天空の不夜城」のPR活動に使用する不夜城灯籠のミニチュアづくりが、今月始まった。製作は市の委託を受けた能代七夕「天空の不夜城」協議会(広幡信悦会長)が担当。3月末までに、昨夏運行した高さ24・1㍍の城郭灯籠「愛季」(ちかすえ)を10分の1サイズで2基作り上げる。

v13p01p

24・1㍍灯籠「愛季」のミニチュア製作がスタート(能代市落合の旧娯楽施設で)

●能代管内にインフルエンザ警報継続
 県感染症情報センターが15日発表した県感染症発生情報(5〜11日)によると、能代保健所管内の1定点医療機関当たりのインフルエンザの患者報告数は14人で前週の49人から減少したものの、引き続き警報が発令されている。

 

17日の紙面から

●樹勢見極めナシの枝を剪定
 ナシ産地の八峰町峰浜地域の果樹園で、生産者が枝の剪定作業を行っている。良質な実を育てるための作業で、雪が積もった園内で樹勢を見極めながら余分な枝を取り除いている。3月中旬まで続く。

z14p01

晴れ間を利用してナシの木の枝を剪定(八峰町峰浜水沢で)

●高校統合、現農業施設活用を要望
 能代工高と能代西高との統合に伴い、能代西高の農業施設を移設する県教委の構想を受け、能代市議会の後藤健議長ら3人が16日、県庁を訪れ、統合後も現農業施設の継続活用を求める要望書を橋口昌道副知事と米田進教育長に手渡した。「現在の農業施設を活用して農業教育の充実を」と訴える市議会側に対し、米田教育長は「柔軟な姿勢は持っているので、地域の意見を聞いて話し合っていきたい」と答えた。

●能代養護の作品も、わくわく美術展
 県特別支援学校文化連盟主催の「でまえ わくわく美術展」は16日、能代市大森山の能代エナジアムパークで始まり、児童生徒の絵画など個性豊かな作品が来場者を楽しませている。入賞作品や能代養護学校の作品44点が並ぶ。絵の具などを使って画用紙いっぱいにカラフルに描かれた人物や風景の絵画など自由な発想で創作された力作が展示され、来場者の関心を集めている。期間は22日まで。時間は午前9時30分〜午後4時30分(22日は午後3時まで)。19日休館。

r16p02

個性あふれる作品が並ぶ展示会(能代エナジアムパークで)

●林業・木材振興へ提案書まとめる
 能代市林業木材産業振興検討委員会(中田雅俊委員長)は16日、市中央公民館で開かれ、斉藤市長に提出する林業・木材産業の振興に関する提案書をまとめた。森林境界の明確化や林業の担い手支援、地場産材を使った簡易住宅の検討など新規事業6件、検討事業5件のほか、既存事業3件の拡充を提言する。事業内容は三つの専門部会が検討し、この日の全体会合で了承した。

●冬の水難事故に備え捜索訓練
 能代山本広域市町村圏組合消防本部は16日、三種町鹿渡の八郎潟東部承水路で潜水訓練を行った。真冬の寒さの中、水難救助隊員らが氷下の要救助者の捜索訓練に励み、有事に備えた。川や湖沼などに氷が張る冬期間の水難救助事案への対応として、潜水技術の習熟や低温時の器材管理の重要性を確認することを狙いに毎年実施。

m16p01p1

厳寒の中、要救助者の捜索訓練に取り組む水難救助隊員(三種町鹿渡で)

●藤里町で小正月の「どんど焼き
 藤里町藤琴地区活動推進協議会(田中市夫会長)は15日夜、町総合開発センターグラウンドで小正月行事・どんど焼きを行った。地区住民らは正月飾りなどを燃やし、今年1年の無病息災などを祈った。神事が行われた後、神職が縁起物の山に火を放つと炎は真っすぐに立ち上った。住民らは、赤々と勢い良く燃える火柱に手をかざしたり、お神酒をいただくなどして、この1年の家内安全や無病息災を祈願した。

f16p01藤l琴どんど焼き

縁起物などを燃やし、無病息災などを願ったどんど焼き(藤里町で)

●大学入試センター試験へ結団式
 27年度大学入試センター試験はきょう17日から2日間、全国一斉に実施される。試験前日の16日は、能代市内の各高校で結団式が行われ、受験生たちは教員らの激励を受け、本番で全力を尽くすことを誓った。このうち、市内最多の191人が受験する能代(一関雅裕校長)では、受験生が体育館に集まり、結団式を行った。

●「まち灯り」でともすろうそく完成
 能代市の中心市街地で2月14日に行われる第16回のしろまち灯りに向け15日夜、関係者が同市畠町新拠点でろうそく作りに取り組んだ。参加団体メンバーらが青や緑、紫、黄などのカラフルなリサイクルそうろくを完成させた。のしろまち灯りはのしろ白神ネットワーク(能登祐子代表)の主催。20人が参加し、市内外の寺院から寄贈された使用済みのろうそくでイベント用のろうそく205個を製作した。

s16p01

のしろまち灯りのろうそく作りに取り組んだ参加者たち

18日の紙面から

●バレンタインへハート型の電飾
 能代市のでらっとのしろ観光キャンペーン実行委員会(委員長・斉藤市長)が同市上町のけやき公園で点灯しているイルミネーションが、バレンタインデー(2月14日)に向けて16日夜からバージョンアップした。ハート形の装飾を施したきらびやかなツリーが登場し、公園を訪れた住民からは「とてもきれい」と好評だ。

m17p02p3M17P02P3

バレンタインデーに向けて新たなデザインが加わったけやき公園のイルミネーション(能代市上町で)

●七夕展示施設検討委、22日発足へ
 能代市は、観光拠点となる七夕展示施設整備基本計画を策定するため、22日に観光事業者や役七夕関係者、自治会代表者ら20人程度の委員で構成する検討委員会を立ち上げる。昨夏2回目の運行を行った大型七夕「天空の不夜城」には、多額の市費を投じることに対する疑問も市民の一部に根強くあり、施設整備の是非を含めて委員の考えを聞く。計画案がまとまると、市民から意見を募集するパブリックコメントを実施することにしている。

●23、24日に東日本銘木展
 協同組合県銘木センター(竹内嘉人理事長)の第20回東日本銘木展示大会は、23、24の両日、能代市河戸川の同センターで開かれる。今年最初の特市となり、地場の各メーカーから製品約4千点が出品される見通し。昨年4月の消費増税を境に住宅着工が低迷、業界を取り巻く状況は厳しいが、関係者は「1月は7月(銘青会まつり)と並ぶ重要な市。お客さんも多く集まるし、何とかいい結果を残したい」と意気込んでいる。

●田中教諭(能代一中)が文科相表彰
 26年度文部科学大臣優秀教職員表彰の受賞者が決まり、能代山本から能代一中教諭の田中美津さん(51)=能代市通町=が選ばれた。英語の教育専門監として、小中学校で効果的な教育活動を推進するとともに、教員の授業力向上に貢献していることが評価された。田中さんは「身が引き締まる思い。一緒に頑張ってきた周りの先生たちのおかげで素晴らしい表彰を頂けた」と話している。表彰式は、19日に東京で行われる。

●昨年の県内の自殺者は227人
 県警本部のまとめによると、昨年1年間に県内で自殺した人は277人で前年より20人(6・7%)減少した。統計記録のある昭和54年以降最も少なく、対前年比減は5年連続。能代署管内は24人で、3人減少した。自殺者277人の内訳は、男性193人(前年比7人減)、女性84人(13人減)。

●鉄路の旅で出会い創出/五能線
 JR五能線を活用した出会いイベント「汽車コン」が17日、1泊2日の日程で始まった。八峰町や青森県深浦町、鯵ケ沢町の各観光協会が初めて企画し、能代山本を含む秋田、青森両県の38人が参加。2両編成のクルージングトレインを貸し切って東能代駅を出発し、日本海の絶景や会話を楽しみながら弘前市までの鉄路の旅を満喫した。

●大学入試センター試験始まる
 27年度の大学入試センター試験は17日、全国690会場で始まり、県内でも秋田、大館、横手3市の計5会場で受験生が試験に臨んだ。このうち、秋田市の秋田大では、朝早くから受験生らが続々と会場入りした。教室では、開始前に試験監督者が注意事項を説明した後、問題冊子や回答用紙などを配布。受験生は緊張した面持ちで机に向かっていた。試験は18日まで。

a17p01A17P01

大学入試センター試験が始まった。試験の開始を待つ受験生(秋田大で)

●能代市の教育関係者が豊島区を視察
 東京都豊島区と教育連携協定を結んでいる能代市の教育派遣団が16、17の両日、教育視察のため同区を訪れた。都教育委員会人権尊重教育推進校となっている区立南池袋小で開かれた研究発表会に出席、公開授業を参観するなど人権教育への取り組みに理解を深めた。

item5

公開授業を参観する能代市の教育関係者(東京都豊島区南池袋小で)

 

19日の紙面から

●冬まつりで遊び満喫/能代市桧山
 能代市桧山地区の「檜山こども冬まつり」は18日、檜山崇徳館周辺で開かれた。真冬の寒さを吹き飛ばすように、子どもたちがかるた大会やミカン拾い、かんじきでの散策などの多彩な催しを楽しみ、歴史の里・桧山の冬を満喫した。こども冬まつりは、檜山地域まちづくり協議会(小杉山久義会長)の主催。親子の触れ合いや世代間交流の促進などを目的に毎年開いており、11回目の今回は地区周辺のの子どもや保護者、地域住民など約120人が参加した。

m18p01p

雪上でのかるた取りなど、子どもたちの歓声が響いた「檜山こども冬まつり」

●来月4日、能代で飲み歩きフェス
 能代市の繁華街で飲食店巡りを楽しむ「のしろ飲み歩きフェス」(2月4日)の参加店が確定した。居酒屋やバーなど多彩な29店舗が参加し、一般参加者は5店のはしごを楽しむ。協賛企業による景品も徐々に決まり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーランドの交通・宿泊券付きペアチケットなど豪華な品揃(ぞろ)えとなっている。

●風の松原の松くい虫被害木を伐採
 米代西部森林管理署(奥刕屋忠法署長)は、今月から能代市の国有林「風の松原」で松くい虫の被害木を伐採する。昨年11月の調査で松枯れなどの被害が確認された6679本を、3月までかけてチェーンソーで切って焼却処分し、被害の拡大を防ぐ。工期は15日から3月16日まで。被害木は散在しており、1㌶当たり20本前後。被害が集中した場所には新たに松を植える。

●消防職員が救命、防災へ意見発表
 能代山本広域市町村圏組合消防本部(泉篤消防長)の消防職員意見発表消防本部選考会は14日、能代市緑町の同本部で開かれ、若手消防士が救命や防災への思いを熱く語った。審査の結果、三種消防署の成田竜功消防士(27)が来月13日に秋田市で開催される県大会の代表に選ばれた。30歳までの職員が対象で、今回は同本部の4消防署から10人が参加。

●26年企業倒産、能代山本は8件
 民間の信用調査会社・帝国データバンク秋田支店によると、能代山本で26年に発生した法的整理による負債額1千万円以上の企業倒産は8件で、前年比1件減少。負債総額は14億8500万円で、同比5億8千万円(64%)増となった。5月に三種町のホテル経営会社が9億円の負債を抱え破産手続きの開始決定を受けたことなどが金額を押し上げた。

●能代工が54連覇 県高校新人バスケ
 第56回県高校新人バスケットボール大会は最終日の18日、三種町琴丘総合体育館で男女の決勝リーグの残り各4試合が行われ、男子の能代工が決勝リーグ3戦を全勝し、54年連続54回目の優勝を飾った。能代工は東北新人大会(岩手県一関市・30日〜2月1日)に出場する。

●剣道3時間立切試合で金森さん熱闘
 奥山京助範士旗・大谷博信教士杯争奪第36回3時間立切試合は18日、湯沢市総合体育館で行われた。能代高教諭で能代山本剣道連盟の金森康臣さん(31)=能代市落合=が有段者33人と3時間に及ぶ熱闘を繰り広げ、無事に戦いを終えた。元立ちは東北各県男子4人が指名された。金森さんは4段以上の33人と1人5分間ずつ総当たりし、素早い竹刀さばきで応戦。30勝1敗2引き分けと高い勝率で優勝を飾った。

●開拓精神継ぎ雪中網引き/東雲中
 能代市東雲中(高橋誠也校長)の伝統行事・雪中綱引きは18日、同校前庭で行われ、全校生徒248人が吹き付ける寒風をものともせず、保護者や地域住民の応援を受けながら熱戦を繰り広げた。雪中綱引きは昭和36年から続く同校の伝統行事。校訓の「自主開拓」の精神に基づき、生徒の団結力を高め、心身を鍛えることなどを目的に毎年開催し、今年で54回目。

r18p01

寒さをものともせず、3年生男子は上半身裸になり気合を見せた雪中綱引き(能代市東雲中で)

20日の紙面から

●きょう「大寒」、厳しい冬本番に
 きょう20日は二十四節気の一つ「大寒」。1年で最も寒さが厳しくなる時期とされ、前日の19日、能代山本地方は冬型の気圧配置となり、曇りで時々雪に見舞われる天気となった。能代市内では寒風が吹き付ける中、寒修行に励む僧侶の姿が見られた。

b19p03

空の下、寒修行に励む僧侶

(能代市内で)

●地域防災計画の素案協議/能代市
 能代市防災会議は19日、市二ツ井町庁舎大会議室で開かれ、東日本大震災などを教訓に年度内に見直す「市地域防災計画」の素案を協議した。▽大震災を踏まえた地震・津波対策の抜本的強化▽大規模広域な災害時における被災者対応等の強化▽最近の災害等を踏まえた防災対策の見直し──の方針を立てて昨年7月から作業を本格化させていた。各委員から上がった意見を基に素案を修正し、原案をまとめる。今月下旬から原案に対するパブリックコメント(意見募集)を予定している。

●二ツ井テニスコート移設へ今春着工
 一般国道7号二ツ井今泉道路改築事業に伴う能代市の二ツ井テニスコート整備事業は、雪解け後の着工を目指して準備が進められている。市街地に近い旧二ツ井小グラウンド(同市二ツ井町滑良子川端)に現在と同規模のテニスコート、管理棟、駐車場などを計画。斉藤市長は「9月をめどに現在のコートを撤去し、国に引き渡す。早期に完成させたいと考えている」と話している。

●みちのく銀、秋田支店を能代に統合
 みちのく銀行(高田邦洋頭取、本店青森市)は19日、秋田市大町の秋田支店を廃止し能代市畠町の能代支店に統合した。秋田県内の同行店舗の統廃合は初めて。統合により、前秋田支店長が副支店長に就くなど能代支店の行員は4人増え、20人体制となった。平成18年以降進めている経営効率化の一環。統合後の預貸金は276億円(総預金171億円、総貸出金105億円)で、県内3店舗(能代、大館、比内)では最大。

●自殺予防きめ細かく、県が対策会議
 第2回県自殺予防対策会議は19日、県庁で佐竹知事や県幹部職員など約20人が出席して開かれた。26年の自殺者が昭和54年の統計開始以降、過去最少の277人になったことを踏まえ、個別事例への対応など、よりきめ細かな対策を講じていく考えを示した。

●能代の古家さん、ほらふき大会優勝
 第23回銀河系宇宙ほらふき決勝大会は17日、横手市雄物川町の雄物川コミュニティセンターで行われ、能代市仙遊長根の会社役員・古家邦夫さん(75)が大賞に輝いた。初挑戦で初優勝の快挙で「たくさんのお客さんに楽しんでもらい、うれしかった」と喜びを語る。同大会は、地域おこし団体の雄物川町明道塾が笑いで地域を活気付けようと毎年開催。古家さんは「少子化ストップで雄物川町活性化」で会場の爆笑を誘った。

●安全な雪下ろしへ「カルテ」作成
 藤里町社会福祉協議会は、県山本地域振興局の「屋根の雪下ろしサポート事業」に取り組んでいる。昨秋に町内189の高齢者世帯を戸別訪問し、安全な作業方法の助言や屋根の状況などを載せた「カルテ」を作成、今年度中に各世帯に配布し注意喚起する。一方、はしご固定金具を希望者に無料で設置することにしたが、希望はわずか3世帯のみで、安全への啓発がまだ道半ばにあることをうかがわせている。

●初心者も楽しく木のスツール製作
 能代市木の学校の「初めての木工教室」は18日、同市河戸川の同施設で開かれ、受講者たちがスツール(腰掛け)作りを通して木工作の楽しさを味わった。木工教室は、市民に木に親しむ機会を提供し、地場産木材の需要拡大も図ろうと年8回程度開催。昨年度からは、木工体験の初心者を対象とした教室も始めており、この日今年度の第1回が開かれた。同市と秋田市から男女5人が参加した。次回は来月15日で、組み木の雛(ひな)飾りを製作する。

v18p03p

スツール作りに挑戦する市民ら

(能代市河戸川の木の学校で)

 

 


 

1月インデックスに戻る