6日の紙面から

●風の松原、白砂青松願い作業
 能代市の風の松原内にクロマツの純林を目指して設定された「白砂青松を感じられるエリア」で5日、事前に刈り取った草木の搬出作業が行われ、市内の中高校生や住民ら約200人が落ち葉や枝を拾い集めた。昔ながらの白砂青松の美しい砂防林を取り戻そうと、市民団体「風の松原の再生と共に歩む会」が市民に参加を呼び掛け、松原保全の意識醸成を図った。

z05p01

散乱した落ち枝を集める高校生ら(能代市の風の松原で)

●東京・築地でハタハタフェス
 東京都中央区の築地本願寺前広場で5日、第5回「秋田・鳥取うまいぞ!ハタハタフェスティバル」(秋田、鳥取両県主催)が始まり、ハタハタ産地の両県がタッグを組んで旬の味を売り込んでいる。八峰町のブース前には、しょっつる鍋を求めて長蛇の列ができた。午前11時の販売開始1時間半ほど前から待ち遠しそうに見詰めている客もおり、スタッフやふるさと会のメンバーらが大急ぎで仕込み、準備を行った。フェスは6日まで。

t05p013

大勢の注目を集めた八峰町の本場ハタハタしょっつる鍋を求める来場者(東京都中央区の築地本願寺前広場)

●白神ラム肉に舌鼓/藤里町
 藤里町藤琴のホテルゆとりあ藤里で4日、町が特産化を目指している羊肉「白神ラム」の料理を味わう催しが開かれ、町内外の100人余がデミグラスソース煮込みやウインナー、オリーブオイル焼きなど、いろいろなラム肉料理の〝食べ比べ〟を楽しんだ。

f04p02白神ラムバイキング

白神ラムを使った各種料理をバイキング形式で楽しんだ(ホテルゆとりあ藤里で)

●ハタハタ、しけ収まる来週期待
 県漁協北部総括支所管内の季節(沿岸)ハタハタ漁は5日、しけで全船が休漁した。先月30日に初漁があったが、接岸の本格化には至っていないとみられ、水揚げ量は低調に推移。八峰町の八森漁港敷地内にある「はちもり観光市」の店頭でも地元産はまだ量が少なく、関係者は「しけが収まる来週以降に期待している」と話した。

●5消防団に小型動力ポンプ車
 能代市内の5消防分団に5日、新しい小型動力ポンプ積載車などが配備された。同市緑町の能代消防署で交付式が行われ、団員らが防災活動に一層尽力することを誓った。二ツ井第5分団仁鮒班と同第6分団きみまち班に小型動力ポンプ積載車(4人乗り)、能代第15分団吹越班、二ツ井第3分団羽立班、同第6分団高岩班、同第7分団種班にそれぞれ小型動力ポンプが配備された。

●能代ミュージカル、初稽古
 能代ミュージカル制作委員会(平川賢悦制作委員長)のキャストや制作スタッフらの顔合わせと台本の読み合わせが4日夜、能代市中央公民館で行われ、来年2月28日に予定されている第35話「東雲飛行場物語パートⅡ」公演に向けて本格的に始動した。

b04p05ミュージカル顔合わせ2

キャストと制作スタッフが顔をそろえた初稽古

(能代市中央公民館で)

●街頭でたすけあい募金呼び掛け
 日本赤十字社などによる年末恒例の「海外たすけあい」キャンペーンに伴い日赤県支部は5日、一斉に街頭募金を実施し、能代山本でも地域の赤十字奉仕団がスーパーや道の駅に立ち、世界各地で起こる紛争や災害などで苦しんでいる人たちへの支援に協力を呼び掛けた。

s05p02

「海外たすけあい」キャンペーンで赤十字奉仕団が街頭募金を実施(能代市落合で)

●能代工4階級制す/重量挙げ
 第60回県高校新人大会ウエートリフティング競技は5日、秋田市の県スポーツ科学センター体育場で開かれ、能代工勢が男女4階級を制した。女子63㌔級は信太咲菜が大会新で優勝。男子は62㌔級で安部璃空、69㌔級で秋元晴喜、77㌔級で伊藤健が頂点に立った。

7日の紙面から

●ハタハタ釣りにぎわう
 季節ハタハタの接岸とともに、能代山本の沿岸でもハタハタ狙いの釣り人の姿が増えてきた。日曜日の6日は八峰町の岩館漁港の岸壁に大勢押し寄せ、寒風の中で竿(さお)を振り、当たりを楽しんでいた。釣り人が集中したためか、漁港内で関係者以外立ち入り禁止のスペースに車を止めたりする人も散見され、漁協関係者は遊漁者に対しルールやマナーの順守を求めている。

L06p02

ハタハタ狙いの釣り人がずらりと並んだ岩館漁港

●非強制徴収債権放棄へ
 能代市は、債務者の死亡や所在不明などにより今後の回収が見込めない「非強制徴収債権」の放棄規定を盛り込んだ「市債権の管理に関する条例」の制定案を、8日開会の12月定例議会に提出する。自立執行権がないため長期間にわたって未収金扱いとなっている不良債権を解消し、債権管理に関する事務処理の合理化・効率化を図ることなどが狙い。施行は来年1月から。市によると、同様の条例は県内で秋田、大館、大仙の3市にあり、制定されれば4例目となる。

●JAやまもとが生産者大会
 JA秋田やまもと(阿部隆一組合長)の第15回農畜産物生産者大会は6日、能代市柳町のプラザ都で開かれ、優良生産者21団体・個人を表彰し、安全・安心な農畜産物の生産など3項目を盛り込んだ大会スローガンを採択した。管内となる三種、八峰両町の生産者ら約280人が出席た。

能代市芸術文化章に4人
 NPO法人能代市芸術文化協会(宮川孝一会長)は、第16回市芸術文化章の受章者を決めた。母の詩の会会長の森岡怜子さん(83)、市華道連合会会長の松野圭子さん(78)、千川流貴鏡会会主の茂呂アツ子さん(75)、市民合唱団の指導や指揮を務める平澤秀樹さん(53)の4人で、来月8日に能代市柳町のプラザ都で授章式と祝賀会を行う。

●小学生に碁の楽しさを
 日本棋院能代山本支部(金谷晴隆支部長)の「子供囲碁交流大会」は6日、能代市柳町の旧料亭金勇で開かれた。小学校の正課クラブ活動で腕を鍛えた市内の児童に力試しの場を提供しようと初めて企画され、子どもたちは対局を通して練習の成果を発揮したほか、支部員からルールを教わり、一手先を読む楽しさに触れた。

r06p02子ども囲碁大会2

子どもたちの囲碁熱の高まりを受け、初めて開かれた交流大会(能代市柳町の旧料亭金勇で)

●まちづくり、高校生主役
 八峰町のまちおこしNPO「オモシエナ」(板谷大樹代表)の「マチコラボ!~高校生が主役のまちづくり~」は6日、能代市柳町の旧料亭・金勇で開かれた。女子高生がまちづくりに取り組む福井県の「鯖江市役所JK課」プロデューサーで、慶応大特任助教の若新雄純さんが講師を務め、参加した高校生たちが正解を求めない自由な発想で語るまちづくりに関心を寄せた。

e06p01マチコラボ

高校生たちがまちづくりの自由な発想を展開したマチコラボ(能代市柳町の金勇で)

●海は大荒れ、波の花舞う
 7日は二十四節気の一つ「大雪」。前日の6日、能代山本地方は風が強く吹き、時折雪がちらつくなど冷え込んだ。高波が押し寄せ、荒れた海では「波の花」が見られた。風でふわふわと空中を舞い、厳しい冬の寒さを知らせた。

r06p01

強風の影響で波が押し寄せた日本海

(八峰町八森で)

●クリスマスリース飾ろう
 クリスマスに向けて、能代山本では玄関や室内などに飾るリースを制作する工作教室が開かれている。アケビのつるやクルミなどの自然素材を使ったリース作りもあり、参加者が手作りの楽しさを味わっている。

m06p01

心待ちにするクリスマスに向け、リースを作る子ども

 

8日の紙面から

●季節ハタハタ本隊接岸、漁港沸く
 県漁協北部総括支所管内の季節(沿岸)ハタハタ漁は7日、八峰町の八森、岩館両漁港と能代港で今季最高となる計14・1㌧(午後4時現在)を水揚げした。前日までのしけが収まり小型定置網漁も本格的に開始、漁港周辺では漁業者が家族総出で選別作業に追われた。「本隊が接岸したようだ。しばらく忙しくなる」という声が聞かれ、熱気が漂った。

i07p01

家族や親類総出で選別作業に当たった

(八森漁港の荷さばき場で)

●藤里町総合戦略案固まる
 藤里町持続可能な町づくり戦略本部(本部長・佐々木町長)は7日、町総合開発センターで開かれ、「まち・ひと・しごと創生 藤里町人口ビジョン・総合戦略」案を固めた。人口減少を抑制するため、若者の地元定住・就業、移住者増、出生率向上などにつながる延べ38のプロジェクトを盛り込んだ。町は、委員の意見を踏まえて総合戦略案を修正・完成させ、パブリックコメント(意見募集)を行う予定。

●マイタケ加工し新商品/能代市
 能代市落合字中大野台のマイタケ製造・販売「吉田きのこ工房」(吉田誠代表)は、新商品として「舞茸甘煮」と「舞茸ソテー」を試験販売している。企業にとって財政的に負担となる設備投資をせず、業務提携した加工業者に製造を委託して開発を実現。生マイタケの需要が落ち込む春から夏にかけての売り込み強化、既存の加工施設の稼働率を上げたいという両社の考えが一致したもので、吉田代表(59)は「加工施設をもつ専門の業者と出合ってタッグを組めたことが大きい。商品の知名度を高めていきたい」と話している。

m03p013

生マイタケとともに新商品を売り込む吉田代表

●関東能代会、会場に七夕ばやし響く
 首都圏在住の能代市出身者で組織する関東能代会(野呂田秀夫会長)の総会・懇親会は6日、東京都渋谷区の渋谷シダックスホールで開かれ、会員や来賓など約170人が出席し、久しぶりの再会を喜び合いながら旧交を温めた。懇親会では熱々のきりたんぽ鍋を食べながら、アトラクションを楽しみ、最後は恒例となっている祭りばやし愛好会「奏楽(そら)」の七夕ばやしで盛り上がった。

item4a

恒例の七夕ばやしで郷里への思いを高めた関東能代会総会・懇親会(東京都渋谷区で)

●伊藤がカタールGP8位/洋剣
 カタールのドーハで4、5の両日開かれたフェンシンググランプリ大会の男子エペで、能代市二ツ井町出身の伊藤心(いのち)(25)=NEXUS=が8位となった。国際大会の上位ランキングは昨年5月にスイスで開かれた男子エペワールドカップ(W杯)グランプリ3位以来。伊藤は「ベスト8入りはなかなか残せない成績なのでうれしい」と喜びを語る。

s07p02伊藤心ドーハ8位1

ドーハのグランプリ大会で8位になった伊藤(右)

●藤里町で心といのちフォーラム
 藤里町で自殺予防活動に取り組む心といのちを考える会(袴田俊英会長)主催の心といのちを考えるフォーラムは6日、町総合開発センターで開かれ、「生き心地」の良い町の姿を探り、互いを認め合い褒める関係づくりの大切さを考えた。会員を中心に約30人が参加。秋田大大学院医学系研究科保健学専攻の佐々木久長准教授が「生き心地の良い藤里にするために~アンケート結果から見えてきた9年間の変化~」と題して講演した。

●能代市久喜沢で「白神セリ」収穫
 能代市久喜沢で、鍋物の〝名脇役〟として欠かせないセリの収穫が盛んに行われている。農家が鮮やかな緑色に染まったセリ田の中から抜き取り、土を洗い流して箱詰めする一連の作業に精を出しており、「白神セリ」として秋田市の市場に出荷されている。収穫は4月上旬まで続く。

L07p01

白神セリの収穫が盛ん

(能代市久喜沢で)

●カフェに歌声いっぱい/八峰町
 八峰町峰浜水沢の果樹農家レストラン「しらかみカフェ」で6日、歌声喫茶イベント「しらかみカフェでうたおう会」が開かれた。能代市のコーラスデュオ「コール・ドルチェ」のリードで、息の合ったハーモニーが店内いっぱいに響きわたった。

b06p03

町内外の40人余が一緒に合唱を楽しんだ

(八峰町のしらかみカフェで)

9日の紙面から

●感謝と上達の願い込め針供養
 能代和服裁縫組合(高橋ヨネ子組合長)の針供養は8日、能代市萩の台の本澄寺で行われた。組合員と一般の15人が出席し、使い古した針を豆腐に刺し、感謝の気持ちと裁縫上達の願いを込めて供養した。以前は2月8日に行っていたが、一昨年から12月に変更した

s08p01

使い古した針に感謝を込めて供養

(能代市萩の台の本澄寺で)

●能代市が未来づくり交付金を断念
 能代市の斉藤市長は、8日開会した12月定例議会で、県と市町村が協働で地域活性化に取り組むプロジェクト事業の実施を断念したことを明らかにした。市長は「県が求めていることと市の考えがマッチしなかった」などを理由に「あきた未来づくり交付金を活用しないことにした」と説明した。県によると、交付金の活用断念を表明した市町村は能代市が初めて。

●八峰町のしょっつる鍋がGP優勝
 秋田、鳥取両県のハタハタ料理の味を競う「HATA─1グランプリ」で、八峰町の「本場ハタハタ入りしょっつる鍋」が優勝を飾った。八峰町産の食材を使い、町関東ふるさと会(神馬信一会長)のメンバーが腕を振るった鍋は最も多い来場者の支持を集め、故郷の味のPRに一役買った格好。関係者は2年ぶりのグランプリ返り咲きを喜んでいる。

●年末の交通安全運動確認/八峰町
 八峰町交通安全対策協議会(会長・加藤町長)の常任委員会は8日、町役場で開かれ、年末の交通安全運動(11〜20日)、飲酒運転追放強調月間(12月)の活動計画を決めた。委員ら13人が出席。冬道の安全運転励行、飲酒運転の根絶、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用徹底の3項目を重点に運動を展開する

●サロン活動へスローエアロ体験
 能代市社会福祉協議会の「いきいきサロン研修会」は8日、同市上町の能代ふれあいプラザ・サンピノで開かれ、今後のサロン活動に生かそうと各サロンの取り組みについての情報交換や、スローエアロビックの体験を行い、交流を深めた。研修会は、能代地域でいきいきサロンを開いている61のグループを対象とし、グループの交流やリフレッシュ、サロンの資質向上を図ることなどを目的に毎年1回開かれている。今回は31人が出席した。

s08p02

スローエアロビックを体験したいきいきサロン研修会(能代市上町で)

●街なか温泉、ゆっちゃん利用好調
 能代市が同市二ツ井町下野家後に今夏開設した市高齢者ふれあい交流施設「ゆっちゃん」の利用が好調に推移している。地域住民待望の「街なか温泉」で、8月30日の供用開始から11月末までの約3カ月間で1万5860人が利用、1日平均で見ると想定の3倍を超える200・8人に上っており、このまま推移すれば年内に年間利用者数と見込んだ2万人を達成する見通しだ。

●季節ハタハタの豊漁続く
 県漁協北部総括支所管内の季節(沿岸)ハタハタ漁は8日、八峰町の八森、岩館両漁港と能代港で計16・6㌧(午後4時現在)の水揚げがあった。連日10㌧超えのまとまった漁獲量となり、漁港周辺の活気も日増しに高まっている。同支所によると、水揚げ量の内訳は、八森9・8㌧、岩館5・1㌧、能代1・7㌧。本格的な接岸が始まったとみられている。

L08p03

季節ハタハタを網から外す漁業者たち(八峰町の八森漁港で)

●秋田杉でブックスタンド作り
 能代市第五小(工藤賀津子校長)の4年生23人が8日、秋田杉製ブックスタンドの製作に取り組んだ。市教委が市内の子どもたちに読書への関心を高めてもらおうと今年2月に策定した市子ども読書活動推進計画の一環で、児童らは和気あいあいとした雰囲気で作業を進めていた。

b08p01五小ブックスタンド

ブックスタンド製作に取り組む児童

(能代市第五小で)

10日の紙面から

●ハピネッツの館山選手と児童が交流
 プロバスケットボール・bjリーグの秋田ノーザンハピネッツで活躍する能代工高OBの館山健太選手(24)が9日、能代市渟南小を訪れ、児童と交流を深めながら、夢に向かって努力する大切さを訴えた。ハピネッツを運営する秋田プロバスケットボール社が実施。スポーツの楽しさを感じたり、努力する意欲を養うことを目的に、今季は来年3月まで県内17市町村の小学校を訪問する。

r09p02館山が南小訪問2

ハピネッツの館山選手と交流を楽しむ児童たち(能代市渟南小で)

●運賃助成事業、空港利用者に浸透
 大館能代空港発着の東京便利用者に対し、能代市が行っている運賃の助成事業が好調だ。今年度上半期(4〜9月)に助成金を受け取った人数は延べ2445人で、前年度同期(1837人)に比べ608人増えている。半年間で2千人を超えるのは事業実施5年目で初めて。市は「昨年度の実績(延べ4285人、助成額1260万1500円)を上回るのは確実」とみて、開会中の12月議会に追加の事業費272万7千円を盛り込んだ補正予算案を提出している。

●こまち食味 初の審査会/JA白神
 JAあきた白神稲作部会(堀内直富久部会長)は9日、「あきたこまち食味コンテスト2015」の食味審査を能代市富町の同JA本店で行い、事前の成分分析で高評価を得た5点を味わい、入賞者を決めた。コンテストは今年度初めて実施。入賞した生産者5人のコメは年明けに良食味米として地域で限定販売するほか、生産者から提供された生育調査のデータを今後のコメづくりに役立てていく方針だ。

●八峰町長が定住自立圏協定で見解
 八峰町議会全員協議会は9日、町議場で開かれ、町当局が12月定例議会の提出議案を説明した。能代市との定住自立圏の形成に関する協定締結に絡み、加藤町長は「(市町)合併を前提にした取り組みという考えは持っていない」との見解を示した。町は、能代市と定住自立圏の形成に関する協定書を締結する前段として、12月議会に協定書案を提出する。

●あすから歳末大感謝祭/能代市
 能代市商店会連合と能代ポイントカード協同組合の歳末大感謝祭は、11日に始まる。売り出し期間は24日までの14日間で、恒例のガラポン抽選会は19日から25日までの7日間。ポスターが掲示された加盟店で、500円の買い上げで補助券1枚がもらえ、10枚で1回抽選できる。加盟店は昨年より2店少ない94店。主催者によると、昨年の期間中の売り上げは5357万円。今年の目標額を6100万円に設定している。

●下岩川と森岳保育園統合へ/三種町
 三種町12月定例議会は9日開会し、行政報告で三浦町長は、園児の減少が続く下岩川保育園について、森岳保育園との統合を視野に入れて11月に保護者との意見交換会を開いたと説明。北羽新報の取材に「29年4月ごろの統合を目指して進めていく」と述べた。

●二ツ井めぐみ園へ2千万円寄付
 能代市二ツ井町荷上場の障害者通所施設・二ツ井めぐみ園(工藤正喜園長)で8日、施設運営費にと2千万円を寄付した畠山政二さん(69)=秋田市=を招いた感謝の集いが開かれた。運営法人から感謝状を贈ったほか、利用者が歌を披露、多額の善意への謝意を込めたハーモニーを響かせた。畠山さんは、訪問入浴やショートステイなど在宅介護サービスを手掛ける「虹の街」(本社北秋田市)の取締役会長。今年7月、所有していた同社の全株式をジャスダック上場企業の介護サービス会社に譲渡。工藤園長がかつて同じ職場に勤めた旧知の仲という縁で寄付した。

f08p02めぐみ園に多額寄付

畠山さん(左)に感謝状を贈呈

●木高研が受験生に「合格しおり」
 能代市海詠坂の県立大木材高度加工研究所(木高研)は、高校・大学受験などの合格を祈願した五角形の木製「合格(五角)しおり」を製作した。受験生が自ら穴にひもを通す作りになっており、「試験に通る」にかけて合格の験を担ぐ。約200枚用意し、10日から市立図書館で受験生やその家族らにプレゼントしている。

z08p01

受験生にプレゼントする五角形の合格(五角)しおり

 


 

12月インデックスに戻る