item2

①能代市編・皮肉な現状

㊤・人口減続く"
item6

 

item12

能代市の人口は10年で約7千人減少。合併後も地域の縮小に歯止めが掛からない

item14
item6a

 

item12a

職員数の削減などを通した市役所改革で、能代市は県内で最も財政破綻から遠い市になった


item14a
item6a1

 

item12a1

約40億円を合併特例債で賄いながら進む能代市の庁舎整備事業

item14a1
item6a1a

item13a1a

item16

シャッターを下ろした店舗が目立つ二ツ井駅通りの商店街


item17
item6a1a1

item13a1a1

item18

今後の地域の生き残りを懸けた「能代版総合戦略」は、年度内の策定を目指し作業が進む

item19
item6a1a2

item13a1a2

item16a

人口減少が続く三種町。有効な手だてはまだ見いだせていない


item17a
item6a1a2a

item13a1a2a

item16a1
d18p03

職員の定員を着実に減らしてきた三種町役場

d18g04ol

item17a1
item6a1a2a1

item13a1a2a1

森岳地区の中心部。シャッターを下ろした店舗が目立つ
item6a1a2a2

item13a1a2a2

item16a1b
L21p01

塙川小との統合に向け、水沢小の改修工事は大詰め
L2201

item17a1b
item6a1a2a2a

item13a1a2a2a

item16a1b1
L21p02

合併特例債を活用し建設された八峰町役場

L21p02a

item17a1b1
item6a1a2a1a

item13a1a2a1a

item16a1a1
L25p01

農林漁業や観光振興による活性化を目指す八峰町。足腰の強い産業の育成が依然として課題だ

item17a1a1
item6a1a2a1a1

item13a1a2a1a1

item16a1a1a
f25h011

「単独立町」表明後の10年間で町職員数は17人減の71人に。人件費は2割削減した
item20

item17a1a1a
item6a1a2a1a1a

item13a1a2a1a1a

item16a1a1a1
f26h01

全年齢区分で人口減が進む藤里町。次代の町の担い手育成・確保が喫緊の課題だ

item21

item17a1a1a1