item1

① ② ③ ④ ⑤

item2
①北海道大大学院教授 坪田 敏男さん・上

item5

「クマ被害防止」の観点から、クマの生態、出没の要因などを解説した坪田教授

item5a
②北海道大大学院教授 坪田 敏男さん・下

item5b

クマ被害、クマの個体数管理を専門とする人材の自治体への配置も提案

item5a1
③秋田県立大准教授 星崎 和彦さん・上

item5b1

星崎准教授が本県のクマ保護管理計画と生息数の関係などを説明

item5a1a
④秋田県立大准教授 星崎 和彦さん・下

item5b1a

森吉山など県内でカメラトラップ調査を行っている星崎准教授(左端・写真は8月に森吉山で)

item5a1a1
⑤講師、参加者の質疑応答

item5b1a1a

item5b1a1

クマの保護管理と人間の安全確保の両立が緊急の課題となる(写真は北秋田市のくまくま園で)

item5a1a1a