5月24日〜5月30日

◆木梨憲武展 Timing─瞬間の光り─=24日~6月20日、午前10時~、秋田市中通のアトリオンで。アーティストとしても評価されているタレントの木梨憲武さんの新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど約150点の作品を展示。入場料は、一般・大学生1200円、中学・高校生800円、小学生以下は無料。

◆大森稲荷神社例大祭=24日、能代市の風の松原内の同神社で。午前11時から祈とうが行われ、同11時30分から開運を呼ぶ「運のそば」300食を参拝者に振る舞う。

◆これが秋田だ!食と芸能大祭典2019=24~26日、秋田市のJR秋田駅前アゴラ広場などで。アゴラ広場とエリアなかいち会場では、県内のうまいものが一堂に集まる秋田グルメ屋台や県内の郷土芸能・伝統芸能ステージなどが行われ、仲小路ではクラフト市やストリートパフォーマンスが楽しめる。広小路での伝統芸能パレードは25日が午後6時、26日は午後3時から。

◆上小阿仁村山野草展示会=25、26日午前9時~、同村生涯学習センターで。コアニチドリをはじめとしたさまざまな山野草の鉢植えや石付けなど、450点余が展示される。入場無料。

◆能代盆栽会「春霞盆栽展」=25、26日、午前9時30分~、能代市大森山の能代エナジアムパークで。マツやモミジ、ツツジなど計20鉢を展示する。入場無料。

◆能代松陽高吹奏楽部定期演奏会=25日午後1時30分~、能代市文化会館で。「繋(つな)がる愛」をテーマに、ボヘミアンラプソディやジャパニーズグラフィティーをはじめ、クラシックやポップスなど計13曲を演奏する。入場料400円。

◆人星亭一門演芸発表大会=25日午後2時~、八峰町峰浜田中の峰栄館で。日本笑い学会県人会長を務める漫談師・人星亭喜楽駄朗さんをはじめ、「男鹿の松田せいこ」こと喜楽駄嬢さんら計5人が出演し、マジックや漫談などを披露する。入場無料。

◆日吉神社中の申(さる)祭宵祭嫁見まつり=25日、能代市御指南町の同神社で。婚礼衣装に身を包んだ女性が参道を静々と歩く「嫁見行列」は、午後5時30分からと同6時50分から、キッズ着物行列は同5時20分から行われる。境内では出店や呈茶会、文化財特別公開などさまざまな催しを企画。

◆のしろ子どもまつり=26日午前10時~、能代市子ども館で。段ボール遊びや魚釣り、パン焼き、凧(たこ)作りや竹馬体験などといった多彩な遊びに、バレエや太鼓のステージ発表、綿あめ、焼きそば、木工品などの出店も。はしご車や地震体験車なども登場するほか、40周年特別企画として超神ネイガーショーや宇宙服の展示・着装体験なども行われる。出店は有料だが、各種遊びは基本的に無料。

◆北の布物語 天野洋子の古布三昧(ざんまい)展「初夏」=30日~6月2日、午前11時~、秋田市大町のココラボラトリーで。古布を服やアクセサリーなどにリメークしている男鹿市の天野洋子さんによる作品展。浴衣地を利用したシャツやパンツ、会津木綿や唐桟縞を素材にしたワンピースやブラウスなどを展示。入場無料。