■9月30日
■10月1日
■10月2日
■10月3日
■10月4日

■10月5日
■10月6日
■10月7日
■10月8日

バスケ、県勢は初戦突破

  秋田わか杉国体は2日目の30日、県内各地で21競技が行われた。能代山本地区が会場のバスケットボール競技の県勢は、成年男子が83―76で新潟を下したほか、同女子は兵庫に82―59で快勝、少年女子は広島に84―62で勝利し、好調な滑り出しとなった。水泳成年男子30歳以上50メートル背泳ぎの伊藤栄悦(能代北高教)は惜しくも決勝進出はならなかった。きょう1日は、バスケットボール少年男子で能代工高が登場し、2回戦で滋賀と対戦するほか、能代山本勢が出場する相撲、山岳、ライフル競技が始まる。

【バスケットボール】(能代市総合体育館ほか)
 ▽少年男子1回戦
 能代工高(秋田) 83―76 新 潟
          20―20
          15―13
          27―19
          21―24

【空手道】(にかほ市象潟体育館)
 ▽少年女子個人形1回戦
  秋 元 3―0 今 川
 (秋 田)   (群 馬)
 ▽同2回戦
  秋  元 3―0 古屋敷
 (鹿児島)
 ▽同3回戦
  秋 元 2―1 藤 森
 (福 岡)
 ▽同準決勝
  松 浦 3―0 秋 元
 (山 梨)

【ソフトテニス】(大館市高館テニスコート)
 ▽少年男子1回戦
    香  川  3―0  秋  田
   ○中村・後藤 4―2 三戸・加藤
   ○岡本・宮本 4―1 伊藤・上田
   ○泰江・藤田 4―3 冨木・大郷司
 ※加藤雄司(合川高―山本中)、大郷司龍(同―二ツ井中)がメンバー入り

【水泳】(県立総合プール)
 ▽成年男子30歳以上50メートル背泳ぎ予選1組(2)伊藤栄悦(能代北高教諭)29秒39=予選敗退

【バスケットボール】

▽少年男子(1回戦)

滋賀

88−65

佐賀

神奈川

110−108

大分

愛媛

78−73

長野

北海道

127−66

三重

高知

99−64

山形

東京

98−67

富山

鹿児島

112−70

和歌山

埼玉

121−60

新潟

石川

95−68

熊本

大阪

94−84

徳島

島根

79−72

山梨

福島

81−79

愛知

茨城

117−69

広島

青森

86−74

長崎

香川

98−64

栃木

▽成年女子(1回戦)

秋田

82−59

兵庫

新潟

85−76

広島

千葉

87−67

宮城

愛知

91−77

大分

山口

74−69

山形

滋賀

69−49

石川

東京

62−58

北海道

熊本

86−59

徳島

▽成年男子(1回戦)

沖縄

81−66

広島

岐阜

106−64

青森

石川

82−63

愛媛

群馬

101−71

兵庫

秋田

83−76

新潟

奈良

73−56

山形

千葉

110−59

福岡

北海道

75−73

山口

▽少年女子(1回戦)

愛知

106−47

岩手

山形

86−79

山梨

熊本

95−78

兵庫

石川

76−39

岡山

福岡

73−57

香川

福井

88−71

北海道

秋田

84−62

広島

東京

106−57

大阪

能代工V奪還へ好発進
少年男子バスケ

 秋田わか杉国体は3日目の1日、県内各地で20競技を行った。能代山本勢は、山岳縦走成年女子の加賀谷絵里(県体協、能代市)・吉田麻衣子(県体協)組が2連覇を飾った。舘山孝(鷹巣農林高教、能代市)が大将を務める相撲の成年男子Bは3年連続で決勝トーナメントに駒を進めた。バスケットボール競技は、単独チームで臨んだ少年男子の能代工高が順当に初戦突破。成年男子は同校OBが主力の本県が奈良に快勝、同女子も県勢が新潟を下してともに4強入り。少年女子は、能代山本勢がメンバー入りした本県が準々決勝で強豪・東京と対戦、善戦したが勝利するには至らなかった。2日はバスケ4種目のほか、同勢が出場する相撲、水泳などが行われる。注目のバスケ少年男子の能代工高は3回戦(午前10時、能代市総合体育館)で群馬と対戦する。

【バスケットボール】(能代市総合体育館ほか)
 ▽少年男子2回戦
能代工高(秋田)121―64 滋 賀
         31―16
         30―7
         32―14
         28―27
 ▽成年男子準々決勝
秋 田 93―65 奈 良
    20―18
    26―17
    25―16
    22―14

【山岳】(森吉山特設コース)
 ▽成年女子縦走(1)秋田(加賀谷絵里※県体協TA・能代市、吉田麻衣子)100.000点

【相撲】(潟上市天王総合体育館) 
 ▽成年男子B団体予選1回戦
秋  田 3―0 宮  崎
 ○高 橋 寄り倒し 津 曲
 ○日 景 上手投げ 和 田
 ○舘 山 押し出し 掘   
 ▽同2回戦
秋  田 2―1 栃  木
  高橋 はたき込み 岡田○
 ○日景 つり出し 後藤
 ○舘山 送り出し 藤野
 ▽同3回戦
秋  田 3―0 福  岡
 ○高橋 寄り切り 真鍋
 ○日景 下手出し投げ 高橋
 ○舘山 押し出し 長

【ライフル射撃】(県立総合射撃場)
 ▽少年女子10メートルエア・ライフル立射(40発)(22)山崎詩歩(能代北高)376点=予選落ち

【バスケットボール】

▽少年男子(2回戦)

秋田

121―64

滋賀

群馬

83―63

鳥取

神奈川

81―66

岐阜

岩手

95―77

愛媛

福岡

113―70

香川

福井

86―83

青森

岡山

94―80

茨城

京都

107―80

福島

沖縄

79―73

鹿児島

東京

98―81

千葉

高知

89―78

山口

北海道

87―85

兵庫

宮城

112―77

埼玉

奈良

74―68

石川

大阪

74―68

静岡

宮崎

93―70

島根

▽成年女子(準々決勝)

秋田

99―61

新潟

千葉

77―72

愛知

山口

82―47

滋賀

熊本

89―75

東京

▽成年男子(準々決勝)

岐阜

97―77

沖縄

石川

87―66

群馬

秋田

93―65

奈良

千葉

105―68

北海道

▽少年女子(準々決勝)

愛知

74―55

山形

石川

72―62

熊本

福岡

84―63

福井

東京

83―64

秋田

バスケ能代工快進撃、4強へ

 秋田わか杉国体は4日目の2日、県内各地で20競技を行った。バスケットボール競技は、少年男子の能代工高が3回戦、準々決勝を順当に勝ち上がり4強入り。9年ぶりの優勝に向けて大きく前進した。準決勝(午前10時、能代市総合体育館)は長身留学生のいる東京選抜と対戦する。能代工高OBを中心にメンバーを固めた成年男子の本県は準決勝で千葉県に敗れ、3位に終わった。成年女子の本県は決勝進出。能代市の舘山孝(鷹巣農林高教)が大将を務めた相撲成年男子Bは準々決勝で新潟県に敗れた。個人では5位入賞。重量挙げの田中裕人(法大、三種町出身)は成年男子85キロ級のスナッチで3位、ジャークで2位と2種目で入賞した。5日目の3日はバスケ4種目のほか、能代山本勢が出場する重量挙げ、ライフル射撃などが行われる。

【バスケットボール】(能代市総合体育館ほか)
 ▽少年男子3回戦
能代工高(秋田)120―55 群 馬
         34―14
         30―11
         38―13
         18―17
 ▽少年男子準々決勝
能代工高(秋田)112―59 岩 手
         28―10
         22―12
         35―7
         27―30
 ▽成年男子準決勝
千 葉 87―69 秋 田
    18―19
    25―13
    25―18
    19―19

【重量挙げ】(八郎潟中体育館)
 ▽成年男子85キロ級(3)田中裕人(法政大、三種町出身)◇スナッチ(3)132キロ◇クリーン&ジャーク(2)田中裕人171キロ

【水泳】(県立総合プール)
 ▽少年女子A100メートル自由形予選1組(1)菅原翠(能代北高)1分00秒83=予選落ち

【体操】(秋田市立体育館)
 ▽少年男子団体総合予選(3班まで)(8)秋田239.65点
 ◇同種目別◇ゆか41.20点◇あん馬37.45点◇つり輪38.50点◇跳馬43.20点◇平行棒38.90点◇鉄棒40.40点
 ▽少年女子団体総合予選(3班まで)(7)秋田146.20点
 ▽同種目別◇跳馬37.40点◇段違い平行棒35.90点◇平均台34.50点◇ゆか38.40点

【相撲】(潟上市天王総合体育館)
 ▽成年男子B団体決勝トーナメント1回戦
岐  阜 2―1 秋  田
  高木 寄り切り 高橋○
 ○野村 突き落とし 日景
 ○曽我 肩すかし 舘山
 ▽同個人決勝トーナメント2回戦
 舘 山 押し出し 永 井
(秋 田)    (静 岡)  
 ▽同3回戦
 舘 山 はたき込み ガントゥクス        
           (鳥 取)
 ▽同準々決勝
 石 山 はたき込み 舘 山 
(新 潟)


【バスケットボール】

▽少年男子(3回戦)

秋田

120―55

群馬

岩手

84―78

神奈川

高知

102―72

北海道

東京

109―90

沖縄

宮城

88―64

奈良

宮崎

81―77

大阪

京都

90―77

岡山

福岡

105―74

福井

▽少年男子(準々決勝)

秋田

112―59

岩手

東京

88―72

高知

宮城

70―63

宮崎

福岡

93―90

京都

(延長)

▽成年女子(準決勝)

秋田

86―66

愛知

熊本

73―65

山口

▽成年男子(準決勝)

岐阜

75―72

石川

千葉

87―69

秋田

▽少年女子(準決勝)

愛知

67―40

石川

東京

83―80

福岡

能代工、東京に快勝
成年女子は地元で51年ぶり優勝

 秋田わか杉国体は5日目の3日、県内で各競技が行われ、能代山本開催のバスケットボールは、少年男子の能代工高が東京を下して決勝進出、成年女子の秋田は優勝を飾った。成年男子は千葉、少年女子は愛知が優勝した。能代工は決勝(午前10時、能代市総合体育館)で福岡県と戦う。能代山本勢は重量挙げ少年男子105キロ級の藤原和朋(能代工高2年)がジャーク5位、スナッチ7位と初の国体出場でいずれも入賞。総合は6位。能代高と能代北高の選手がメンバー入りしている体操少年男女は、団体総合予選の日程が終了し、男女ともに5日の決勝に進んだ。近年、越えられずにいた全国大会決勝進出の壁を、地元国体で見事突破した。ライフル射撃少年女子エアライフル立射20発の山崎詩歩(能代北高2年)は10位と惜しくも入賞できなかった。

【バスケットボール】(能代市総合体育館ほか)
 ▽少年男子準決勝
能代工高(秋田)112―72 東 京
         34―12
         19―17
         27―24
         32―19
 ▽成年女子決勝
秋 田 67―60 熊 本
    27―11
    11―18
    15―10
    14―21
 ▽成年男子決勝
千 葉 110―92 岐 阜
     36―23
     22―26
     17―20
     35―23
 ▽少年女子決勝
愛 知 75―59 東 京
    27―18
    14―15
    18―17
    16―9

【重量挙げ】(八郎潟町民体育館)
 ▽少年男子105キロ級(6)藤原和朋(能代工高)242キロ◇スナッチ(7)107キロ◇クリーン&ジャーク(5)135キロ

【ライフル射撃】(県立総合射撃場)
 ▽少年女子10メートルエア・ライフル立射(20発)(10)山崎詩歩(能代北高)191点


【バスケットボール】

▽少年男子準決勝

秋田

112―72

東京

福岡

 68―62

宮城

▽成年女子決勝

秋田

 67―60

熊本

▽成年男子決勝

千葉

110―92

岐阜

▽少年女子決勝

愛知

 75―59

東京

福岡下して今季2冠目/能代工
女子優勝、男子2位に/成年団体体操

 秋田わか杉国体は6日目の4日、県内各地で10競技を行った。能代市総合体育館で行われたバスケットボール少年男子決勝は、本県単独チームの能代工が地元の大観衆の声援に後押しされて福岡を下し、9年ぶりの優勝を飾った。今夏の佐賀インターハイに続いて2冠を達成、全国制覇は58回となった。能代山本勢はこのほか、体操競技で、能代市のサンフルトスポーツスイミングクラブ所属の選手で構成する成年女子が団体総合で優勝、同男子が準優勝を果たした。

【バスケットボール】(能代市総合体育館)
 ▽少年男子
能代工高(秋田)79―64 福岡
         28―10
         14―17
         13―22
         24―15

【体 操】(秋田市立体育館)
 ▽成年男子団体総合決勝(2)秋田265.450点
▽同種目別◇ゆか43.95点◇あん馬42.45点◇つり輪43.85点◇跳馬45.70点◇平行棒44.85点◇鉄棒44.65点
 ▽成年女子団体総合決勝(1)秋田164.350点
▽同種目別◇跳馬40.65点◇段違い平行棒41.65点◇平均台42.30点◇ゆか39.75点


【バスケットボール】

▽少年男子決勝

秋田

79―64

福岡

【体 操】
(秋田市立体育館)
 ▽少年男子決勝◇総合(17)239.20点(栗林、平元、木村、山田、亀山)
 ▽同種目別◇ゆか41.20点◇あん馬38.20点◇つり輪38.40点◇跳馬42.00点◇平行棒39.15◇鉄棒40.25点
 ▽少年女子決勝◇総合(16)145.55点(大沢、藤田、大友、笹渕、神宮)
 ▽同種目別◇跳馬36.65点◇段違い平行棒33.55点◇平均台36.80点◇ゆか38.55点

【陸 上】
(県営陸上競技場)
 ▽成年男子400メートル障害予選2組(7)清水翔吾(法政大―能代商高)54秒21=予選敗退

【ゴルフ】
(秋田市椿台カントリークラブ)
 ▽成年男子団体1日目(45)秋田(小島良、直嶋雅美、斎藤稔)246
 ▽同個人1日目(87)直嶋雅美79(108)斎藤稔81(136)小島良86

【フェンシング】
(北秋田市合川体育館)
 ▽少年男子フルーレ1回戦第4プール
秋  田 3―0 岡  山
秋  田 2―1 福  井
 (1)秋田2勝
 ▽同2回戦第2プール
埼  玉 2―1 秋  田
秋  田 2―1 福  島
 (2)秋田1勝1敗、準々決勝進出
 ※伊藤心(二ツ井高)が出場

秋晴れの下 熱戦続く/わか杉国体
5年ぶりに頂点 少年男子フルーレ

 秋田わか杉国体は8日目の6日、県内各地で18競技を行った。フェンシング少年男子フルーレで、二ツ井高3年の伊藤心(いのち)がメンバー入りした本県チームが5年ぶり7回目の優勝を飾った。このほか、能代山本勢は、3選手が出場したゴルフ成年男子は団体45位、個人では直嶋雅美の102位が最高だった。能代市の斎藤稔が主将を務めるバレーボール成年男子9人制は、初戦の準々決勝で神奈川に快勝した。また、能代市の能代球場が会場の高校軟式野球は2回戦3試合を行い、ベスト4が出そろった。

【野球】
 ▽2回戦
新 見002000000 2
熊本農001000010 2

(抽選により新見が準決勝進出)
(新 見)元家―岡崎
(熊本農)今山、大村―宮本
 ▽二塁打=岡崎(新)
 ▽暴投=新見1▽捕逸=熊本農1
新見3231221632
  打安点振球犠残盗失
熊農31823631122
富山商000003010 4
中 京000000000 0

(富山商)東海―安土
(中 京)下田―土屋
 ▽暴投=中京1
富商33849811131
  打安点振球犠残盗失
中京2940800200
神港学園000000000 0
羽  黒00001001X 2

(神港学園)北口、本岡―福田
(羽  黒)上野―岡部
 ▽二塁打=菅原(羽黒)
神港2820532630
  打安点振球犠残盗失
羽黒2652213401

【フェンシング】
(北秋田市合川体育館)
 ▽少年男子フルーレ準々決勝
秋  田 2―1 宮  城
 ▽同準決勝
秋  田 2―0 熊  本
 ▽同決勝
秋  田 2―1 神奈川
 ※伊藤心(二ツ井高)が出場

【バレーボール】
(大館市立田代体育館)
 ▽成年男子9人制準々決勝
秋 田   2―0  神奈川
(鷹巣ク) 21―16 (日本精工)
      21―16 

【ゴルフ】
(秋田市椿台カントリークラブ)
 ▽成年男子団体(45)秋田=小島、直嶋、斎藤=494(246、248)
 ▽同個人(102)直嶋雅美160(79、81)(126)斎藤稔165(81、84)(136)小島良169(86、83)


柔道少年女子、健闘の5位
 

 秋田わか杉国体は9日目の7日、県内各地で17競技で熱戦が繰り広げられた。能代山本勢では柔道少年女子で椎名香純(能代高)が出場した本県チームが5位入賞を果たした。バレーボールでは青山美智子(聖霊高―能代二中出)が活躍した少年女子本県チーム、斎藤稔(能代市)が主将を務める本県の鷹巣クラブがそれぞれベスト4と健闘、ともに8日の3位決定戦に進んだ。能代市の能代球場で行われた公開競技の高校軟式野球準決勝の茗溪学園(茨城)―富山商(富山)は、0―0の引き分けで茗溪が抽選勝ちしたほか、羽黒(山形)が3―2で新見(岡山)を下し、それぞれ8日の決勝に進んだ。

【高校軟式野球】
(能代球場)
 ▽準決勝
富山商 000000000 0
茗溪学園000000000 0

(抽選により茗溪学園が決勝進出)
(富山商)東海―安土
(茗溪学園)大津―飯沼
富商0211292020
  打安点振球 犠残盗失
茗溪1511273074

羽黒002000100 3
新見001000001 2

(羽黒)上野―秋野
(新見)元家―岡崎
 ▽二塁打=上野、秋野(羽黒)槙原(新見)
羽黒2842328364
  打安点振球 犠残盗失
新見0531326152

【高校硬式野球】
金足農000000100 1
佐賀北00000200X 2

(金足農)高橋―武田、斎藤
(佐賀北)馬場、久保―市丸
 ▽三塁打=山田(金足農)

【バレーボール】
 ▽少年女子準々決勝(横手市横手体育館)
秋 田 2―0 大 阪
    25―21
    25―17

京 都 3―0 秋 田
    25―17
    25―15
    25―17
 ▽成年男子9人制準決勝(大館市田代体育館)
沖 縄      2―1  秋 田
(中部徳洲会病院)21―19 (鷹巣ク)
         17―21  
         21―15

【柔道】
(県立武道館)
 ▽少年女子1回戦
秋  田  2―0  岡  山
 ○椎名 横四方固め 菊池
 (能 代)     (岡山理科大付高)
 ▽同2回戦
秋  田  1―0  高  知
  椎名 引き分け 松岡
         (岡豊高)
 ▽同準々決勝
宮  崎  2―1  秋  田
 ○富山 合わせ技 椎名
 (日南農林高)


バレー成年男子9人、少年女子が3位

 秋田わか杉国体は10日目の8日、県内各地で17競技を行った。能代山本勢は、バレーボール競技で活躍。少年女子で、青山美智子(聖霊高―能代二中出)が活躍した本県チームと、斎藤稔(能代市)が主将を務める本県の鷹巣クラブがそれぞれ3位入賞した。また、能代市の能代球場で行われる予定だった高校軟式野球の決勝は、雨のため中止となり、茗溪学園(茨城)と羽黒(山形)の両校が優勝となった。

【バレーボール】
 ▽成年男子9人制3位決定戦(大館市田代体育館)
秋 田   2―1  宮 城
(鷹巣ク) 13―21 (東北リコー)
      21―18
      21―17

 ▽少年女子3位決定戦(横手市横手体育館)
秋 田 3―2  長 崎
    20―25 (九州文化学院)
    25―21
    23―25
    25―20
    15―7