3月24日(金)

磯はルアーでメバル

能代港周辺、イシガレイ狙い

 

 彼岸も明け、いよいよ春本番へ。一部河川はイワナ・ヤマメの渓流釣りが解禁となり、太公望が久々の魚信を楽しんでいるようです。

《イシガレイ》
 能代港周辺では投げ釣り、チョイ投げ釣りで20~25㌢クラスが1人0~2枚。片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、餌はアオイソメ。なお、県漁協連合会では、資源保護のため15㌢以下を再放流するように呼び掛けているので協力しよう。

《クロソイ》
 能代港周辺、男鹿・男鹿半島の各港湾では探り釣り、ルアー釣りで13~27㌢クラスが1人0~5匹。探り釣りの場合、3~5号のブラクリ、5~10㌘のブラー、餌釣り用ジグヘッドを使用し、餌はアオイソメ。ルアー釣りの場合、ジグヘッドリグを使用し、ワームはピンテール系、グラブ系、シャッド系、ホッグ系。クジメも交じる。ルアー、餌釣りともに上下の動きに反応が良い。

《ウミタナゴ》
 男鹿・入道崎―門前周辺の各地磯ではウキ釣りで15~20㌢クラスが1人0~8匹。餌はオキアミ、アオイソメ。

《ヤリイカ》
 男鹿・入道崎―椿周辺の各地磯、各漁港ではウキ釣り、エギングで胴長25~40㌢クラスが1人0~3杯。ウキ釣りの場合、餌巻きスッテを使用し、餌は鶏のササミ、サメの皮身。エギングの場合、3~3・5号のエギを使用。青森県の深浦周辺の地磯でも釣果が出ている。40㌢クラスの良型釣果もあった。

《メバル》
 五能線沿線の各地磯、男鹿・男鹿半島の各地磯、各港湾ではルアー釣りで13~23㌢クラスが1人0~8匹。ジグヘッドリグ、シンキングペンシルを使用し、ジグヘッドリグの場合、ワームはピンテール系。

《マブナ》
 大潟村、男鹿・八郎潟西部承水路ではブッ込み釣りで20~30㌢クラスが1人0~5匹。餌はアカムシ。釣果を出すコツとして、竿(さお)を複数本出し、遠近投げ分けてフナの居場所を探りたい。マブナの独特な風味が癖になる人も多く、味噌(みそ)貝焼きなどで食されている。

(情報提供は秋田市の釣り東北社☎018・824・1590)