16日の紙面から

●納豆まつり 長巻き7・281㍍成功
 桧山地域まちづくり協議会(安部隆昭会長)主催の第8回歴史の里檜山納豆まつりは15日、能代市桧山の桧山崇徳館で開かれ、地域内外から集まった親子連れや子どもたちが、納豆の長巻き作りや納豆の粒つかみ競争など、特産の納豆にちなんだ催しを楽しんだ。学校統合に伴い、今年度末で崇徳小の閉校が決まっていることから、同校の卒業生と在校生の合計人数(7281人)にちなんで7・281㍍の超長巻きも成功、来場者に振る舞われた。

w15p01

崇徳小の卒業生と在校生の合計数7281人にちなんだ超長巻きも成功させた納豆まつり

●めんchocoプレゼント好評
 能代市は、新生児に名前入りのオリジナル絵本やパパ・ママからのメッセージを添えた木製品を贈る「めんchoco誕生事業」の29年度実績をまとめた。受け付け件数は226件(27、28年度出生分含む)で、内訳は絵本69件、木製品157件だった。市子育て支援課は「木製品を選ぶ家族が増えているが、絵本に対する需要も根強い。事業自体も喜ばれていると考えている」とし、今年度も対象となる家族に事業の利用を呼び掛けている。

●高校野球、能代が3回戦に進出
 第100回全国高校野球選手権記念秋田大会は3日目の15日、秋田市のこまちスタジアムや能代市の能代球場など4球場で2回戦計8試合を行った。能代勢は、能代が4回以降毎回得点を挙げて大館国際に14─3で圧勝した。16日は2回戦残り8試合が行われ、第7シードの能代松陽が横手城南と、能代工が第5シードの大曲工と対戦する。

 ▽2回戦(こまちスタジアム)
能  代 000111515 14
大館国際 000120000  3

●ソフトボール東雲7年ぶり優勝
 第67回県中学総体は2日目の15日、能代市や秋田市などで12競技が行われた。能代山本勢ではソフトボール女子で東雲が7年ぶり3回目の優勝を飾ったほか、体操女子団体総合で能代二が2年ぶり19回目の栄冠を手にした。ソフトテニス女子個人で二ツ井の出雲陽(2年)・細川柊(3年)組が頂点に立った。集中開催最終日の16日は7競技が行われる。

●ケア・メイトのしろが事例検討会
 医療、介護、福祉に関わる人たちが学び合うケア・メイトのしろ(金田英樹事務局代表)の第1回事例検討会は13日、能代市鰄渕のJAあきた白神デイサービスセンター・いなほの里で開かれた。能代山本を中心に多様な職種の55人が参加、提供された事例を軸に活発に意見を交わし、それぞれが持つ専門性や視点に触れた。

●郡市合唱祭 19団体が聴衆を魅了
 能代山本の合唱団体が一堂に会する第36回能代市山本郡合唱祭は15日、市文化会館大ホールで開かれ、能代山本のコーラスグループや合唱団、小学校の合唱部などが出演し、会場に息の合った歌声を響かせた。能代市山本郡合唱団体連絡協議会(中西麻理子会長)の主催。合唱活動の活性化や地域交流を狙いに毎年開催している。この日は19団体・延べ442人が出演し、合唱を披露した。

能代山本の19団体が息の合った歌声を響かせた合唱祭(能代市文化会館大ホールで)

●道の駅ふたついグランドオープン
 能代市二ツ井町小繋の「道の駅ふたつい」が15日、グランドオープンした。大勢の市民や観光客らが買い物や食事を楽しんだほか、多彩なステージイベントや屋台が本格営業の開始に花を添えた。セレモニーで、株式会社道の駅ふたついの高橋剛代表取締役は「県北地域を積極的にPRしながら地域住民、県民、全国から道の駅を訪れる人に末永く愛される施設となるよう努力していく」とあいさつした。

f15p01道のえきグランドオープンp2

色とりどりの風船を飛ばし、グランドオープンを記念(道の駅ふたついで)

●ロゴマークで故郷の発展に一役
 「道の駅ふたつい」のロゴマークを制作したのは、二ツ井町荷上場出身の「あーと書道家」未來(みく)さん(33)=山形市=。グランドオープンの15日、同施設に足を運んだ未來さんは「ロゴは恋文のハートと、きみまち阪の桜の花びらをイメージした。交流の拠点、さまざまなご縁が集まる場所として町の発展のきっかけになってほしい」と語った。

f15p02

「道の駅ふたつい」のロゴや表示幕などをデザインした未來さん

 


 

item4a1a1a1a1