26日の紙面から

●ボクシング三浦さんが一日警察署長
 秋の全国交通安全運動(21~30日)に合わせ、プロボクシング元世界王者で県体育協会テクニカルアドバイザーの三浦隆司さん(34)=三種町=が25日、能代署の一日警察署長に委嘱され、同町鵜川の成田建設と鵜川保育園を訪問して交通安全を呼び掛けた。保育園では2~5歳児50人に寸劇を披露。園庭で署員扮(ふん)する飲酒運転怪人とあおり運転怪人を三浦さんがやっつけ、交通ルールを守ることの大切さをアピールした。

三浦さんが園児たちに反射材のストラップをプレゼント(三種町の鵜川保育園で)

●秋銘展に天然秋田杉6年ぶり出品
 能代市河戸川の県銘木センターの「県銘木展示大会」(秋銘展、10月4~6日)に天然秋田杉(天杉)が出展される。樹齢150~200年超の木目の美しい天杉44立方㍍が5日正午の競り売りに掛けられる。資源量の減少を理由に24年度末に国有林からの天杉の供給が停止されて以来、東北森林管理局が天杉の名称で市場向けに販売するのは初めて。銘木センターは「天杉ブランドが市場に与えるインパクトは大きい」と競りの活気に期待している。

z25p01天然秋田杉が販売1

24年度末の供給停止以来、初めて販売される天然秋田杉

●高校生ら直売所の名物商品を提案
 能代市主催の6次産業化セミナー「直売所の名物商品を作ってみよう」が市役所で開かれ、マンネリ打破の一環で地元高校生のアイデアを取り入れた直売所向けの新メニューの試作品を完成させた。地場野菜を使った焼きドーナツやブルーベリーの赤ずしなどユニークな食べ物で、今月中に商品名を決め、市内直売所での販売を目指す。

z12p04

野菜を使った焼きドーナツの試作品

●洋上風力に弁護士会が意見書
 秋田弁護士会は25日、能代市、八峰町の一般海域で洋上風力発電事業を計画する「ジャパン・リニューアブル・エナジー」(東京、JRE)が実施した環境影響評価(アセスメント)の方法書に対する意見書を同社に提出した。低周波音の発生、魚・鳥類への被害、景観の変容などの環境影響は、周辺海域で複数計画されている他の風力発電事業と複合的、累積的に増大することを危惧し、適切な調査、予測、評価を求めている。

●大正琴とオカリナが音の共演
 能代市文化会館のロビーコンサート「大正琴とオカリナ」は23日、同会館大ホールホワイエで開かれ、観客は優しい音色で演奏される懐かしい曲の数々にじっくりと聞き入った。同市の「岡田琴千流大正琴秋田支部」(石川早苗代表)から15人、「オカリナグループ・トトロ」(藤嶋民子代表)から4人が出演。以前、市内の福祉施設で合同演奏したことをきっかけに交流が深まり、今回初めて同会館でコンサートを開いた。

p23p06大正琴ロビコン2

約80人の観客を楽しませた大正琴とオカリナの演奏

●藤里町営スキー場リフト料金改める
 藤里町は、町営板清水スキー場のリフト使用料金を一部改正する。新たに「こども(中学生まで)」「シニア(60歳以上)」の区分を設けるほか、午前券、午後券の代わりに「3時間券」を新設して利便性の向上を図る。料金の見直しは、スキー場がオープンした昭和63年以来初めて。10月1日から新料金となる。

●福井国体・障害者大会での活躍誓う
 第73回国体「福井しあわせ元気国体」(29日〜10月9日)、第18回全国障害者スポーツ大会(10月13〜15日)に出場する能代市の選手壮行会は25日、市総合体育館で開かれ、出場選手らが大舞台での活躍を誓った。同市からは国体に50人、障害者大会に3人が選手や監督などとして出場。壮行会には、能代工高バスケットボール部や能代高軟式野球部など34人が出席した。

●三種町鵜川の古民家でコンサート
 三種町鵜川地区の明治時代の名士で、湖北小の開設に尽力した児玉高致(1847~1899年)の生家とされる古民家で23日、利活用第1弾となるイベントが行われ、町内外から集まった人たちが屋内でコンサートや会食を楽しむにぎやかなひとときを過ごした。来月には古民家で俳句大会の吟行会が予定されている。

L23p02古民家でイベント

古民家でコンサートを楽しむ参加者(三種町鵜川で)

 

 


 

item4a1a1a1a1