26日の紙面から

●能代山本2JA合併研、中間報告
 あきた白神、秋田やまもと両JAの合併を検討する「山本地区JA合併研究会」(会長・佐藤謙悦JA白神組合長)が25日、能代市柳町のプラザ都で開かれた。30年4月をめどとする合併スケジュールを見据え、営農販売や金融共済など5部会の検討・調整事項の中間報告が行われた。研究会は今後、年度内に2回開催する予定で、合併基本構想案の策定に向けて具体的な調査研究を進めていく。

m25p01

5検討部会が検討事項を中間報告したJA合併研究会(能代市柳町のプラザ都で)

●能代、初戦で天理に2─3惜敗
 第61回全国高校軟式野球選手権大会は2日目の25日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場と姫路市のウインク球場で1回戦4試合を行った。北東北代表で3年連続17回目出場の能代は、5年ぶり14回目出場の天理(近畿・奈良)と対戦、タイブレークを導入した延長14回の激闘の末、2─3で惜しくも敗れた。試合は能代のペースで進んだが、5回と8回に得点挙げて奪った2点のリードを守ることができなかった。

▽1回戦(姫路市のウインク球場)
能 代 00001001000000 2
天 理 00000002000001x 3
(延長14回、13回からタイブレーク導入)

r

【能代─天理】能代は5回、2死から清水の左前適時打で二走の鈴木琉が生還し先制(姫路市のウインク球場で)

●秋季県北高校野球組み合わせ決定
 来春のセンバツ甲子園につながる秋季県北地区高校野球大会の組み合わせ抽選会は25日、能代市総合体育館で開かれ、能代勢5校を含む11校の対戦カードが決まった。大会は31日に開幕し、上位5校が9月17日から秋田市で開かれる全県大会の出場権を得る。県北大会には部員不足のため不参加の小坂を除く11校が参加。夏の県大会に小坂と合同チームを組んだ二ツ井は、部員を臨時に確保して参加する。

●再エネは「地域活性化の手段」
 能代市の斉藤市長は24日、同市柳町のプラザ都で再生可能エネルギーをテーマに講演し、市内で次々と建設されている風力発電設備に関して「風力の建設は目的でなく、地域を活性化させるための手段」と強調した。講演は羽後信用金庫の能代山本5支店の取引先でつくる能信会が主催し、企業関係者ら約120人が出席した。

●緊急消防援助隊、10月能代で訓練
 大規模災害時に被災地に派遣される緊急消防援助隊の北海道東北ブロックの合同訓練が、10月12、13日に能代市の能代港中島ふ頭を主会場に行われる。各道県の緊急援助隊のほか、自衛隊、海上保安庁など23機関から約1200人が参加する大がかりな訓練で、地震や津波を想定した陸上、海上での被災者救出や搬送、火災対応など多岐にわたる訓練を繰り広げる。25日に同市柳町のプラザ都で訓練の全体説明会が開かれ、関係者が訓練を通じて相互の災害対応能力の向上を図ることを確認した。

●東工大チームが海打ち成功
 第12回能代宇宙イベントは25日、能代市の落合浜で前日に引き続きハイブリッドロケットの海打ちが行われた。この日は2団体が2機のハイブリッドロケットを打ち上げ、1機は上空でパラシュートが開き降下に成功、もう1機は機体が空中分解してしまった。

ランチャーから発射される東工大CREATEのハイブリッドロケット

●能代支援学校果樹園にクマ出没
 能代市真壁地の能代支援学校の果樹園で25日、リンゴの木の周辺にクマのものとみられるふんや食い荒らされたリンゴが見つかった。周辺の畑では今夏、親子連れなど複数のクマの目撃情報があり、猟友会がおりを設置した。同校の30代の実習助手の男性職員が日午前10時30分ごろ果樹園の草刈り作業をしていたところ、クマのものとみられるふんとリンゴの食害を発見した。

●おたふく風邪増加し注意報
 県感染症情報センターが25日発表した県感染症発生情報(15~21日)によると、能代保健所管内の1定点医療機関当たりの感染症胃腸炎が5・67人で前週の0・33人から大幅に増加し、県内で最大の発生規模となっている。また、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)は3人となり、注意報が発令されている。

 

 


 

item4a1